カテゴリー
エントリー日和

婚活前線?

つい10日ほど前は夏日を超える暑さでしたが、ここ数日は冬に戻ったような気温になってしまい、体調管理に気を使うこの頃です。開花した桜にとっては少しでも長く咲いていられますし、私たちは長くお花見ができるので良い面もあります。

エントリーの玄関前の桜(富士桜)もようやく咲き始めました。昨年植え付けてからちょうど1年が経ち、少しだけ幹が太くなった感じがします。1年前は、同じ場所に植えていたヒメシャラの木が枯れたために、主人と二人で植え替え作業をするなどして手をかけていましたので、この桜の成長はとても嬉しいです。

南側の庭には昨年11月に植えた金魚草がまだ咲いていて、蕾が出ているのであと2週間以上は楽しめそうです。12月に植えたチューリップの内早咲きのはすでに咲いていて、これから咲くのもあって楽しみにしています。

マメに手入れをしているわけではありませんが、宮崎の気候は一度植えた花々を長持ちさせてくれますので、本当に助かります。たまにお花好きな会員さんがおられて、「綺麗にされていますね」と言ってくださるのですが、長持ちする花を植えているだけで、実際には結構手抜きしているほうじゃないかと思っています。でも、綺麗な花を見て嫌な気分になる方は余りいらっしゃらないと思うので、“ずぼら”なりに時間を見つけて手入れをしています。

話は変わりますが、先週末にお見合いをした方で県外の方との遠距離交際に入った方がおられます。その方は、入会当時は県外の方とのお見合い・交際は考えてもいなかったとのことでした。ただ、月日が経つにつれ仕事と環境の変化があり、年齢のことも考えて県外に嫁ぐことも考えるようになったとのことです。

人それぞれ様々な環境の変化・心境の変化はあると思います。その時に如何に柔軟に自分自身を変えていけるかが自己成長へと繋がっていくのではないでしょうか。

春は何かを始めるにはちょうど良い時期です。

1年前のご自身と比べて何が変わっているでしょうか?

婚活前線・・そろそろ婚活を始めてみませんか?

お気軽にご相談にお越しください。お待ちしています。

カテゴリー
エントリー日和

お見合いラッシュ

3月も半ばになり、気温の高い日が多くなってきました。

14日は最高気温が夏日越えの28・4度(宮崎空港)で、この日の国内最高気温でした。このような急激な気温上昇は、花粉症を持っている私にとっては余り有難いことではありません。しかし、桜の蕾が大きく膨らむきっかけにはなるわけで、木々や花々の受ける恩恵を考えるとそうは言ってはいられないのかもしれませんね・・・

先週の週末は2日で6件のお見合いがありました。

先月の蔓延防止重点措置等の影響で移動制限がかけられていましたので、その措置明けの先週末に延期したケースがあったために、いつもよりお見合いが多くなってしまいました。市・県外でのお見合いは2件でしたので、レストランを予約をしてお引き合わせ無しの着席でのお待ち合わせでお見合いをしていただきました。残る4件のうち2件は私の方でお引き合わせできましたが、あとの2件はお相手担当者の先生にお引き合わせをしていただきました。

今週末もオンラインお見合い・対面お見合いが入っています。その翌週も数件入っており、何かと動きのある月になりそうです。

さて、ご存じのようにコロナによるパンデミックにより、2020年からはお見合いをオンラインで行うケースが増えています。ただ、「どうしても苦手」という方も少なくはありません。

その主な理由(エントリー調べ)は、

・そもそもオンラインの使い方が分からない

・カメラを通して話すのが苦手

・オンラインお見合いをしたが、しっくりこなかった

とのことのようです。

何れにしましても、必ずしもオンラインお見合いをしなければならないということではありませんので、対面で調整をすることも出来ます。

ただ、オンラインお見合いの苦手意識を少しでも解消するためには、私共カウンセラーと会員様とで、事前にオンラインで面談(オンラインお見合いの予習)をして、様々な不安を取り除くことが重要だと思っています。

実際、カメラに映りこむ部屋の様子とか明るさ、声のトーン、インターネットの繋がり具合、会員さんの表情などは実際につないで確認しないとわかりません。予習をして、出来るだけベストな状態でオンラインお見合いの苦手意識を少しでも解消していただけたら良いと思っています。

実際にお見合いが組まれていなくても、その日の為に“予習”はできますから、気軽に申し出ていただきたいと思っています。

また今週もウクライナの悲惨な状況をニュースとネットで確認する度、心が苦しくなります。

個人では何もできないのが現状ですが、傍観者でいないためには、信用のおける機関を通して寄付をするのが良いのではないかと思っています。

こういったことは、他人事ではないと、いつも自分に言い聞かせるようにしています。

日本政府はウクライナ避難民の受け入れを意思表示していますが、本当に話を進める気があるのでしょうか?【申請・手続き】を丁寧かつ慎重に進めている影響でしょうか?

東京都・三重県・名古屋市・石巻市・佐賀市がウクライナ避難民受け入れを政府に申し出ているとのことですが、もっと多くの自治体で受け入れてくださるように願っています。

私個人としては、宮崎県でもそうあってほしいと思っています。

カテゴリー
エントリー日和

春を待つ人々

先月の終わり頃『ホケキョ』というウグイスの鳴き声を聞きました。

今年の2月は例年より寒い日が多く、ウグイスの(春告の)鳴き声を聞いた日もとても寒い朝でした。

昨年の11月始めに『ケキョケキョ』という鳴き声を聞いて驚きましたが、今回の鳴き声は“本気の婚活スタート”のようです! メジロはだいぶ前から梅の木に止まっているのを見かけていましたが、ウグイスは警戒心が強いのかどうか分かりませんが、ほとんど姿を見ることが出来ません。

朝散歩をしていると、小鳥の鳴き声の音が高く軽やかに感じます。私は勝手に『春だし・・そろそろ恋の季節だから、パートナーを探しているんだね』と独り言を言っています。

先日、婚活中の40代男性のプロフィールの本人メッセージに、『美味しいものを食べたり公園を散歩したりしても、パートナーがいたほうがもっと楽しいだろうな、と思い始めました』と書いてあったことを思い出しました。

エネルギーが有り余るような若い方の多くは、『一人が自由で楽しい』と思うことが多いかもしれません。しかし、ある時突然に『そばに誰かいてくれたら・・・』と思うことが起こってくるかもしれません。

『じゃ、そう思った時に婚活すればいいだけの話でしょ』と思うかもしれませんが、世の中そう甘くはありません。

自分で気づくことも大切ですが、身近な人のアドバイスに耳を傾けることもとても重要だと思います。

『私たちは死ぬかもしれない。だからそうなる前にただ一緒に居たかった』

これは、先月ロシアの軍事侵攻が始まったウクライナで24日、サイレンの鳴り響く中、若いカップルが挙式予定(5/6)を前倒しして、首都キエフの修道院で結婚式を挙げたというニュース(CNN)の中で、新婦が語った言葉です。また、『自分たちが愛する人と、自分たちが暮らす土地を守らなければならない』『自分の土地を守るために最善を尽くす』とも言っていました。挙式後は二人で領土防衛センターに出向き、国防支援活動に加わるつもりだということです。

私が日常の中で『死ぬかもしれない』という危機に合うことは滅多にありません。

しかし、今ウクライナではその非日常が日常になっているのです。連日の報道を見聞きする中で、これは「他人事」にしてはいけない、ということが分かってきました。だからといって、今自分にできることは何もありませんが、自分の頭の中でも理解して無関心でいないことが大切なのではないでしょうか。

戦争で命を失う子供や若い兵士たち。              この命の先には多くの希望や夢の未来があったはずです。   学校に行き楽しく学び友人をつくり、大きくなって結婚して家庭を持ち、子供を授かり子育ての中で沢山の思い出をつくり、またその子供たちが育って・・・と。                本当に胸が締め付けられるような悲しいことが今現実に起きています。

婚活とはだいぶかけ離れている話だと思われるかもしれません。が、人間同士の相性を考えた場合に、その個々の『感性』が似た者同士のほうが相性が良いのではないでしょうか。       ただ、その【感性】はお一人お一人の生まれ育った環境によっても違うわけですから、【感性の似た方】と言われても難しいと言われるかもしれませんね。

そこで、一つお伝えしたいのは、お見合い相手を選ぶときは、どうしても“見た目”を気にしてしまいますが、そこはしばし目をつむり、プロフィールのメッセージにポイントを置いてご自身の考えと少しでもリンクするようであれば、お申込みをしたり受けたりしてみてはいかがでしょう?

先ずは、お会いしてお話ししてみることです。

一日でも1時間でも1分でも早く、ウクライナの空に小鳥のさえずりが聞けるような平穏な日常が戻ることを心から願っています。

電話で問い合わせする