カテゴリー
新おっさんの独り言

日毎寒さがつのります

都はるみの唄じゃないけど、日毎寒さが募ります…

ちょっと前迄は毎朝5時半頃に起きだして身支度を整えて散歩に向かったものですが、日を追うごとに布団から起きだす時間が遅くなってきて今では6時頃に起きだして散歩に出かけるようになってきました。

冬の花山手貯水池

次第次第になまけ癖がついてきているようで、このままだとそう遠くないうちに散歩を止めることになるのではないかという危機感が湧いてきています。                  それでも今はオクサンと二人で歩いていますので、一家の主としての面子もありそう簡単に引き下がるわけにはいきません。歯を食いしばって寒さを我慢しながら散歩を続けています。

勿論、まだ今は11月ですから、これ位の寒さで音をあげていたのでは皆さんから馬鹿にされてしまいます。せっせと頑張って継続していくつもりです。

それから今朝のニュースで大谷翔平君が野球の日本代表としてWBCに参加することが正式に発表されました。私達夫婦としましてはほんとに大喜び。あとは宮崎キャンプに彼が参加するかどうかが問題ですが、参加することが決まったら勿論私達は夫婦共々キャンプ場に出かけるつもりです。

全く良い歳をして何を考えてるんだろうこの夫婦は…と失笑をかいそうですが、いくつになっても楽しいものは楽しいので他人様がどう思おうと彼らの思惑には関係なくたっぷり楽しんで来ようと思っています。

翔平君が宮崎に来た場合、私達がサインをもらおうとするかどうかは現段階ではなんともいえません。            私の方は流石にテレ臭いので多分やらないと思いますが、オクサンの方は肝っ玉が据わっていますので列に並ぶんじゃないかと思っています。はてさて結果はどうなりますことやら…?                           何はともあれ、これで楽しみがまた一つ増えました。

いずれにしましても写真の方は沢山撮ってくるつもりですので、それについては別途案内させていただきます。(哲)

カテゴリー
新おっさんの独り言

福岡に行ってきました

3年振りということになりますが、11月9~10日にかけて私の古くからの友人3人とともに福岡で同窓会を開きました。

コロナのおかげで3年間は全く身動きがとれませんでしたが、流石に塩漬け状態のこれではあんまりだということで私の日産時代の親友3君と話し合って今年こそは4人組で会おうということになりようやくそれが実現したという次第です。

久し振りの会合でしたが、古くからの付き合いなだけに直ぐに打ち解け楽しい時間を過ごすことができました。

私は最近は好きだったお酒からもしばらくの間離れていましたので呑めるかどうか若干不安な思いもありましたが、よくしたものでこういう集まりになるとこれが不思議なことに飲めちゃうんですよねえ。

メンバーは全員いい歳になってきていましたので、深酒はせず適当なところで切り上げましたが、久しぶりだったので命の洗濯ができ、楽しいひと時をすごすことがでました。

【以下の文章は6年前に書いたブログです】

それにしても大分秋が深まってきました。山の紅葉も街中(まちなか)にまで降りてきているようで、私の散歩道も晩秋の風情を漂わせ、歩いていてもなんとなくセンチメンタルな気分になってきます。

また早朝は結構冷えてきてますので、ウォーキングに歩き出す時間帯をもっと遅くに変えようかな?と思ったりついつい軟弱なところが出てきますが、それでもまだしばらくは何とかこの時間帯で頑張って続けていこうと思っています。

ところで、エントリーにというより、私たち夫婦にとってといいますか嬉しい変化がありました。

それは我がエントリーに6年前の2016年11月11日、3代目マスコットバードが誕生しましたということ。

今年の8月中旬に二代目エンジローを事故で亡くしてしまって以来、私達の胸にはポッカリと大きな穴があいたようになってずっと寂しい思いをしてきました。

かといってエンジローがなくなったからといって直ぐに三代目を飼うのはあまりにも不謹慎というかエンジローに申し訳ない気がしましたので、せめて三ヶ月は我慢しようということで耐えてきました。

その代わりにエンタローとエンジロの可愛く映っている写真を私の机の前に何枚も貼り付けてそれを眺めることで寂しさを紛らわしてきました。

それでもどうしても我慢できなくなり、11月中旬に入って直ぐに平和台の下にあるホームワイドの中に併設してあるペットショップに下見に行きそこで今度は何を飼うかを検討しました。

結局はエンジローの面影を忘れられず、同じセキセイインコを飼うことにきめました。

買うときには種類が豊富でそこのご主人が小鳥のことに精通しているS小鳥店に行って買いました。

エンタローもエンジローもそこで買いましたので、信頼をおいている小鳥店です。

よくしゃべるのはオスの方なのでオスを選びましたが、羽の色はエンジローの思い出とダブらないように黄色い羽の色をしたインコを買いました。生後2~3週間位だそうですが、黄色の中にグリーンと黒の模様が入っていて、成長するとよりきれいに見えるということでしたので即決!

肝心の名前につきましては散々迷った挙句翔太郎(ショータロー)に決めました。

エンタローの2代目をエンジローに決めましたので順番からいきますと縁三郎(エンサブロー)ということになるのですが、語呂もよくないし、スマートでないので、これは不採用!

次には英語で3番目の意味を表すエンスリーかエンサードにしようかと思いましたが、これもオクサンの反対にあって没!

それならということでドイツ語の3番目を表すエンドライにしようかと思いましたがこれもオクサンの反対で没ということになり行き詰っていました。

それならエンという字にこだわらずに好きな名前にしようということになりました。

となると、私たちが大ファンである大谷翔平の名前をとって翔平にしたらどうかということになり、一時はそれで決定しかけたのですが、親戚に似たような名前の子がいて愛称でショウクンと呼んでいますのでちょっとまずいかな?ということでこれも没!

ここで自称国語に強い私の直感が閃いて翔太郎、これにしようということになりました。

これだと縁太郎太郎に繋がるし、大谷平のも使うことになるし、更に縁太郎・縁次郎といずれも3文字だったのでそれとも合うということで呼び方も合致します。

オクサンに提案したら意外にも「あっさりと『それいいんじゃない』ということで目出度く・円満にエントリーの三代目マスコットバード翔太郎の誕生ということになりました。

『親馬鹿チャンリン』とはよくいったものです。私は根が素直(単純?)なだけにすぐ親馬鹿になってしまうみたいですが、エンジローの事故死以来長いこと寂しい思いをしてきましたので余計そうなるのかもしれません。

会員の皆さんの中で関心のおありの方には見せてと仰っていただければ喜んでお見せします。呼び名は『ショータロー』でも『ショーちゃん』でも『ショークン』でもなんでも結構ですので。

最後に、今月初めに今年の3月下旬に成婚退会された女性の方から封筒に入ったお手紙をいただきました。

姓が旧姓のままになっていましたので、7か月たっても旧姓のままで且つ、封書でのお便りということはひょっとして..と悪い予感が胸をよぎり.オクサンと顔を見合わせながら恐る恐る開封しましたら可愛らしいおしゃれな便箋が目に飛び込んできました。

あれれ?ということは予想が外れたかな?と思って急いで文面に目を通しましたら案の定幸せいっぱいの手紙で、お二人は6月から同居され、今月入籍されるとのこと。家族同士の顔合わせも無事すまされ結婚式は春頃されるそうです。

〝よかった~”オクサンと顔を見合わせて喜びあいました。

彼女の手紙には

『......彼は本当に優しく思いやりのある素敵な方で私は幸せです。出会いの場を作ってくださった内田さんに感謝の気持ちでいっぱいです。(後略)』といったことが書いてありました。お二人ともとても優しくて思いやりのある者同士ですので、そのお二人がこんな風に幸せに過ごしておられるということは私たちにとりましてもほんとに嬉しいことです。

幸い、お二人の新居はエントリーからもそんなに離れたところではないようです。今度は是非お二人で遊びに来てくださいね。いつまでもお幸せに...

婚活やの親父こと

           哲

カテゴリー
新おっさんの独り言

もう直ぐ霜月

あと僅かで10月も終わって11月(霜月)を迎えます。ほんとに毎度毎度のことながら月日の経つのは早いものです。

月が替わって残念なのは日本プロ野球のシリーズが終わり、私達夫婦の楽しみにしていたスポーツに関する行事が終わってしまうこと。

本当のことをいいますと、今の私は日本シリーズについてはあまり興味をもっていません。                 それは以前にも書いたことがあるかと思いますが、野球というと今や私達夫婦は大谷翔平しか興味がなくなってしまっているからです。                          それでも個人的に、宮崎がらみで活躍している選手も多いので、そういった選手を応援するというスタンスで応援していきたいと思っています。

去年の場合ですと、大谷翔平の所属している弱小球団であるエンゼルスが敗退したあとは野球に関しては楽しみがぷっつりと断ち切られたような感じになって、『冬の時代』を過ごさざるを得ない羽目になってしまいました。

今年も同じような悲哀を味あわざるを得ないことになるのかとガックリきていましたが、今のところの情報によると今年はプロ野球のワールドシリーズに大谷翔平が出れるかもというニュースが流れてきています。最終的にどうなるかはわかりませんが、もし現在流れている情報通りだとすると、翔平選手は日本で行われるキャンプに参加することになりそうですし、そうなると、キャンプ地は宮崎市になる公算が大です。

ひなたマリンスタジアム

気の早いウチのオクサンは、宮崎ということであれば地の利をいかしてキャンプ場に出かけて行って翔平選手を応援するんだと張り切っています。勿論そのような場合には私も一緒に行くつもりです。今のところの流れからすると恐らくこの夢は実現するだろうと私達夫婦は固く信じて非常に張り切っています。

といったような毎日を送ってきました。           そういうところで話はガラっと変わります。         私はこうして現在皆様にお読み頂いているブログ『新オッサンの独り言』を書く前は既案内の通り『気ままなおっさんの独り言』というカテゴリーで全く別のブログを書いていました。

これはこれで全部合わせるとで600~700編程書いたかと思います。内容的にはメインは婚活関連ですが、その他には婚活でお世話させてもらうことになるかもしれない私の考え方や人柄についても理解してもらえれば有難いという思いで種々雑多な内容のものを書いてきました。

自分で書いてきたブログを改めて読み返してみると、そのお粗末さには赤面の至り!恥ずかしくなってきます。            しかし、何もかもオクサンに任せっぱなしというのでは流石に図々しい私でも気がひけてなりませんので、メインの部分はオクサンに任せることにし、私のブログはサブ的な立場で書き続けていこうと思っています。

なんでこんなところに・・キノコが・・

内容につきましては、これまで、それも最近は特に気の向くままに書きたいことだけを書き綴ってきたように思いますが、今後は以前私がバリバリやってきた当時のブログを参考にしながら、それを中心にしたもう少し婚活に関連した内容を紹介するような形で案内していきたいと思っていますのでどうぞ宜しくお願い致します。(哲)

カテゴリー
新おっさんの独り言

お久し振りです

10月も後半戦に入り、随分と秋めいた気候になってきました。どこかに旅行に出かけてみたいという気持ちが日増しに強くなってきました。

私の場合は、幸いにも前回のブログで書きました通り11月になりましたら8~9日に福岡で、会社員時代の親友達と再会することが決まっていますので楽しみでなりません。                   脊柱管狭窄症の方も散歩のノルマの回数を減らすなどして調整していますのでこのままでいけば何とか旅行の方は大丈夫じゃないかと思っているところです。

ところで、話はガラっと変わりますが、今月14日に嬉しい体験をすることが出来ました。                 それは、エントリーの旧会員で2016年の春に成婚退会されたカップルの奥様の方と偶然に再会できたこと。           

一週間程前だったかと思いますが、ウチのオクサンと買い物に出かけた時、私達が良く買い物にでかけるスーパーマーケットの店内で私の2~3mほど前方で買い物をしておられた女性から突然声をかけられました。

『あらっ、内田さん、お久しぶりです』と挨拶して頂きましたが初めのうちはその女性がどなただったか思い出せず、『え~と、どちらさまでしたっけ?』と失礼を承知で聞き直してしまいました。

私の学生時代の頃の友人だと仮定するにはあまりにお若くて美人さんでしたし、おまけに色が白くてぽっちゃりしたとても可愛い1~2歳くらいの女の赤ちゃんを連れておられました。    

私の名前で『内田さん』と呼んでいただきましたので、知人であることは間違いないと思いましたが、どうしてもその方がどなたか思いだすことができませんでした。                          

イメージ画像

乳母車で赤ちゃんを連れた女性との再会をどう対応したらよいものか分からずドギマギしなら突っ立っていましたら、その様子を見かねた彼女の方から『エントリーさんでお世話になった〇〇です』と言われました。それでも私が怪訝な顔をしていたからだと思いますが『えーっと、旧姓は××です』と更に、助け舟を出していただきました。そんな時に近くのレジで精算をしていたウチのオクサンと目が合いました。

助かったとばかりに直ぐにオクサンを呼び寄せますとオクサンはすぐにわかったみたいで『あ~ら〇〇さん、お久しぶり』ということで一件落着!

その後の彼女との会話はオクサンに任せて私は身をひき、可愛らしい赤ちゃんのお世話に没頭しました。            私の本音としましては可愛らしい赤ちゃんより美人の彼女の方とお話ししたかったのですが、オクサンに後から何をいわれるか分かりませんので、ここは私の方がおとなしく引き下がりました。

それにしましても彼女は30代前半くらいのほんとに感じの良い美人さんでしたので、こういう素敵な女性と結婚できる男性はホントに幸せだろうなと感じたことを思い出しました。 

彼女とは、その後立ち話で2~3分ほど会話を交わした後そこでお別れしましたが、私達のように結婚相談業に携わっていますと思わぬところで思わぬ人達と再会できることがあるのですね。良い経験をさせてもらいました。(哲)

                  

カテゴリー
新おっさんの独り言

体調はどう?

これが私達の同年代の友人たちと再会した時の決まり切った挨拶文句となっている。4~5年位まえならば『元気?』とか『何か楽しいことやってる?』とかいった楽しい話題についての情報交換が普通だった様に思うのですが、最近では同期の連中との挨拶となると『元気してる?』とか『体調はどう?』とかいった健康についての気がかりな言葉が真っ先に飛び出してきます。なんとも寂しい再会の挨拶です。

因みに私の体調はといいますと、残念ながら決して良いとは言えない状況です。以前に紹介したかと思いますが、脊柱管狭窄症の状態が決して思わしくなく、毎朝の散歩も最近は苦痛の方が大きく我慢しながらの散歩が続いています。                           若い頃から体を動かすのは大好きでしたし、山登りもやり続けてきましたので、体力だけは自信があった筈なのですが、脊柱管狭窄症なる神経系の病気にかかりますと足腰の痛みが激しく、さすがの私もギブアップ状態です。現在は針灸の治療院と整形外科に通っています。これを完全に直すにはやはり手術しかないみたいすが、昨年の入院の経験が非常に苦しかったのでどうしても手術には踏み切る気にはなれません。

単なる痛みだけなら別にどうってことはないのですがそれに付随した入浴出来ないとかトイレの問題とかもろもろのことがついてきますのでとてもじゃないけど耐えられません。       仕方がないので我慢できるところまで頑張ってあとは野となれ山となれといった心境です。

暗い話になりましたが、実際にはそういうことばかりでもありません。                          私の学生(小中高時代の)学友たちと会おうということになっていますし、11月の9~10日には大学時代の仲の良い仲間たちと福岡で会うことが決まっており非常に楽しみにしているところです。

但し両方の仲間との再会も脊柱管狭窄症が悪化していなければという前提がついています。少々の痛みでしたら無理をしてでも参加する予定ですが、どうなりますことやら…         何とか治まっていてくれるのを期待して待つのみです。

それにしても歳をとるというのは嫌なものですね… やりたいと思っていることが殆どできません。せめてコロナだけでもなかったらもう少しは楽しい日々をすごせているのでしょうけどね。なかなか思うようにはいかないものです。

ところで最近暗い気分を一掃すべく我が家のリフォームにとりかかりました。サッシグレチャン交換工事(窓ガラスの枠の交換)や、まだ築後18年しかたっていませんがトイレ(1・2階)の交換をしました。

家屋の外装についてはたしか2年くらい前に済ませましたので、当分の間は小さい台風でしたら何とかしのげるのかなあと思っています。

今回のリフォームが住みましたら今度は国内の小旅行にでも出かけてみようかと思っています。私の場合は国内海外を含め行きたいところには大体行ってきましたが、オクサンの方はまだ連れていっていないところがたくさんあるのでこれから先はオクサン孝行に精を出してみようかな?と思っているところです。(哲)

カテゴリー
新おっさんの独り言

ジンクスは生きていた

瞬間最大風速が70mというこれまでに経験したことのないほど巨大な台風14号。                     気象庁は「かって経験したことがない暴風・高波・高潮のおそれ」と異例の呼びかけをしていましたし、「過去最強クラス」とも呼ばれました。                    戦々恐々としていた私達の恐れを知ってか知らずにか台風の方はしっかりと宮崎にもやってきました。

私としましては、前評判がすごいのでさぞかし大きな被害が宮崎にももたらされるのではと恐れていました。たしかに日中に窓ガラス越しにみえた台風は我が家の裏の竹林が大きくしなり、前評判通りの強い台風でした。

しかし夕暮れ時を迎えてからは暗闇で、外の景色も見えなくなりましたのでそれからあとはなるようになるだろうと覚悟を決め、開き直って眠りにつきました。                    確かにシャッターがガタガタいう音は結構うるさくて何度か目がさめましたが、その後はいつの間にか深い眠りに落ちて外が明るくなるまでグッスリ眠りこんでしまいました。

午前6時頃になるといつの間にか外が明るくなってきていましたので、直ぐに飛び起きて家の内外の様子を恐る恐る見て回りましたが、我が家は幸運にも物が割れたり飛んだりすることもなく、これといった被害は見受けられませんでした。

”ラッキー”ってな感じで一安心!              変わったところはといいますと、玄関口や裏庭に強風に吹き飛ばされてきた竹の葉がどっさりとゴミとして積み重なっていたことぐらいで拍子抜けするくらいでした。

その様子を見てすぐ私の頭に浮かんだのは矢張り『ジンクス』は生きていたという言葉…。

即ち、前回のブログで書いたかと思いますが台風が来る前に事前の対策をしっかりと施していたら被害は全くないか、あっても軽微で済むという『内田家のジンクス』を期待して事前の対策を打っていたわけですが、結果的には期待通りの成果が表れていました。

今回の場合は『後出しじゃんけん』といわれないように、前回のブログを書いた時点で私の方から自分のジンクスのことに触れていましたので、オクサンに対しては『ホラ、見ろ!俺のジンクスは矢張り生きていたろう?』と鼻高々でした。

しかし、今回は以上のように我が家については被害を免れましたが、宮崎や鹿児島など5つの県の33市町村に対しては、11月に交付される予定の普通交付税の一部が繰り上げて交付されることになるほどの大きな被害が出ていましたので喜んでばかりもおられません。いずれにせよ、我が家は勿論、宮崎に大きな被害が出なくて良かったなあと思っているところです。

話変わって、台風が過ぎ去った後の宮崎の朝は道路のあちこちで赤と白の彼岸花が咲き乱れ毎朝の散歩をより楽しいものにしてくれています。

この光景を見るたびに『あ~、今年も秋がやってきたんだなあ』と嬉しくなります。                   

この後しばらくは美しい風景の中で散歩を楽しむことが出来ると思うと幸せな気分でいっぱいです。(哲)

カテゴリー
新おっさんの独り言

台風とジンクス

今日は9月18日(日)ですが、またしても宮崎には台風14号がやってこようとしています。

一週間前には、台風12号が来たばかりですが、幸いなことにこの時は我が宮崎には殆ど影響はありませんでした。

やれやれ良かったと思う間もなく今度は台風14号がやってくるとのこと…

この14号の場合は12号の時と違って宮崎をしっかりと襲ってくる気配をみせており、TVではいやという程あちこちの局から台風情報が流されて私達の注意を煽っています。

今回の14号はTVを通しての案内では過去に経験したことのないような危険な台風ということのようなので、今回は12号の時のようにはいかないぞということで、私達も気を引き締め事前の台風対策に力をいれることにしました。

先ずは大雨が2~3日続くかもしれないという予報を受けて食料品の買い出しをしました。その次には庭の植木鉢やが飛ばされないように屋内に運び込んだり、庭のテーブルや椅子については木製なのでが飛ばされないように上下をひっくり返し、それをブロックで押さえて風でとばされないようにしました。

オクサンと二人でやりましたが、私の腰痛が酷いので実質的にはオクサンが8の割合に対して私の方はだらしなくも2くらいの作業しかできませんでした。それでも家の内外につきましては必要最小限の準備はできたと思っています。

といったところで話は変わりますが、我が家には台風時の対応についてちょっとしたジンクスがあります。             それは何かといいますと、昔から宮崎は台風銀座といわれるほど台風によく見舞われてきました。最近は私が幼かった頃に比べますと大分減少してきているような気はしますがそれでも小さい台風も入れますと毎年いくつかの台風に見舞われてきており、台風が去った後はその片づけに追われて結構大変でした。

そこで最近になって考え方を変えました。即ち、後片付けが大変というのであれば事前に後片付けが楽になるような手を打っておけば良いじゃないかという至極当たり前のことに気がつきまして、今回は二人で事前の対策に入念に力をいれました。

ところで我が家にはこれまで台風につきましては面白いジンクスめいたものがあります。

それは台風が来る前に事前の対策を充分に施していると不思議なことに台風は勢力が急速に小型化したり、どこか予報と違う方に行ってしまったりと毎回空振りで事前の対策は徒労に終わっていました。

普段だったら『無駄なことをしてしまったとということでがっくりくるところですがこのケースだけは別で、ガックリどころか大歓迎でした!』

勿論これは偶然の結果で『たまたま』ということはわかっているのですが、こういうことが2~3回続きますと私としてはこれは案外効果があるのかもしれないぞ?と都合の良い方に解釈することにし、最近は困った時の神頼みで毎回事前の対策をしっかりと準備しています。

これまで10回近く体験してきましたが、結果的には『効果がなかったなあ』とがっかりしたのは一回切りでしたから効果は相当高いものがあったかと思っています。そんなわけで今後も成果を期待して継続していこうと思います。

強風に揺れる自宅裏竹林(自宅2階より)

そんな時にいまだかって経験したことがないなかったという非常に危険な超大型台風14号が宮崎にやってくることになってしまいました。                           我が家のジンクスの真価を図る絶好の機会ということで、今回は特に丁寧に対策をうちましたが、結果につきましては次回のブログで紹介したいと思います。 

(哲)

                         

カテゴリー
新おっさんの独り言

芸術の秋…

今年も9月に入り早や10日が過ぎようとしています

1年を通して最高の季節であるはずの今年の秋は、初っ端(しょっぱな)から台風に見舞われることになりました。                        8月の末に日本近海に発生した強い台風11号は、沖縄や九州、本州の日本海側など台風の移動に伴って各地に非常に強い風が吹き荒れ停電や倒木などの被害をもたらしました。         

更にやっと去ったかと思う間もなく今度は台風12号がフィリピンの東の海上を西に進んでいます。             今後は発達しながら北西に進み週末に沖縄に近づく見込みとのこと、困ったものです。                          これまた早めの対策が必要な状況とのことで、歓迎している訳でもないのに頻繁に発生するこの迷惑な台風には一刻も早く過ぎさっていって欲しいものです。

宮崎県総合文化公園にて

ところで、私は以前からそういっているのですが1年を通して秋という季節がいちばん好きです。                秋といいましても、スポーツの秋読書の秋食欲の秋、そして芸術の秋etc… 色んな秋がありますが私の場合は何よりも食欲の秋に一番親しみを感じます。厳密にいうと食欲については秋だけに限らず年中絶えることがありませんのでこれは別扱いということにしておきます。

そんな中、私達は芸術の秋を堪能すべくオクサンと二人で宮崎市の県立美術館で開催中の特別展『ホキ美術館名品展写実 永遠の存在感』を見に行ってきました。

宮崎に帰ってきて以来、絵画の展覧会を見に行ったのは初めてでした。                           展覧会などと書くと、ちょっと勿体ぶってきこえますが、私のキャラからすると柄じゃないかと思います。オクサンはともかく私の場合は特に絵心があるわけではないので、いつもわざわざ展覧会を見に行くなどという高尚な趣味をもっているわけではありません。                          ただ、若い頃から趣味であった海外ツアー旅行に出かけますと、ツアー内容に展覧会の鑑賞というのが組み込まれていることが多かったので、そういった機会を利用して世界の名画を見て回っているうちに絵画に対しても興味が湧いてきていました。そんなわけで、結果的に展覧会はこれまで沢山みてきました。         

今回の展覧会は『写実 永遠の存在感』をうたい文句にしているだけあって、風景画をみても人物画をみてもまるで写真の展覧会をみているかと見まごうばかりの写実的な素晴らしい作品ばかりで、機会があったら是非もう一度行ってみたいと思ったことでした。(哲)

 

     

                             そんな中、9月4日に早速私達は芸術の秋を楽しんできました。どういうことかといいますと、宮崎市の県立美術館で開催中の特別展『ホキ美術館名品展

宮崎市にある県立美術館で7月16日(土)~9月7日(水)にかけて行われている『ホキ美術館

カテゴリー
新おっさんの独り言

懐かしのICレコーダー

2~3日程前、デスクの周りを整理していましたらずっと以前に購入したソニー製のICレコーダーがみつかりました。                           私がそれを買ったのは私の朧げな記憶によりますと2011年の夏ごろだったように覚えていますから、10年ちょっと経っているかと思います。

買って4~5年位の間は、朝、一人で散歩するときにイヤホンを使って頻繁に利用していました。その後当時痛めていたオクサンの脚の具合が回復し普通に歩けるようにましたので、それ以降はまた、二人一緒に並んで歩くことになりました。                  

それを機に暫く遠ざかっていICレコーダーを取りだして再び聴き始めることにしました。                     ふたり並んでの散歩で私一人だけがイヤホンつけたままで散歩を続けるというのは不自然に見えるかと思いました。      しかし、イヤホンをつけたまま一緒に歩いても私達の間会話には殆ど影響はありませんでした。               そこでオクサンの了解をもらった上で、その日以降は私だけがICレコーダーを装着したままでの散歩を続けさしてもらいました。

ところで既述の通り、私は音楽が大好きです。自分ではギターをちょっとと、ハーモニカを吹くくらいしかできません。

私の場合は音楽が好きといっても『典型的な下手(へた)の横好き』ですが、それでも本格的なクラシック以外はどんな曲も大好きでしてレパートリーは数えきれないくらい沢山あります。

小学生の頃から当時、流行やっていた『君の名は』等の歌謡曲を授業の休み時間等に得意げに歌っていましたら、当時の担任だった女性教師のI先生に『内田君、あなたがそういう歌が好きなのはよく分かったけどあなたはまだ小学生なんだからそういう流行歌ではなくて、音楽の教科書に載っているような歌や、童謡を歌いなさい』と注意されてシュンとなったのを憶えています。

ただ、私の場合はそういわれても『ハイ、分かりました』と素直に引き下がるほど柔(やわ)な子供ではありませんでした。     先生が何といおうとそれだけは他人様に迷惑なことをしているわけではないという思いで、先生のそばで黙ってたっていました。私の気持ちとしては私の下手くそな歌がそれを聴いている人に迷惑をかけているという意識はなくやめる気は全くありませんでした。     

それで『先生に聴かれたらマズイというのであれば、先生のいないところで歌えば良いだけの話じゃないか』という至極単純明快な結論にたどり着き、自宅で先生から言われたことは気にせず自分の好きな歌を思いっきり歌い続けたものです。

今の私の反骨精神?はその頃から芽生えていたんでしょうかね。かといって何もかも反対するばかりの問題児というようなことではなかったかと思っています。                 一応学級委員長をやらされていましたし、友人も多かったですから…                           ただ、私の場合は人から何と思われようが自分が納得していない事に対しては、黙って従がうというようなことは決してやりたくないとい頑固一徹なところがありましたのでそうしなかったというただそれだけのことでした。                   そして今でも、小学生で流行歌を歌ったことが悪いことをしたなどということは全く思っていません。                   おかげで私の好きな曲のレパートリーは増える一方でしたが反比例して?音楽の成績は下がる一方でした。

先生の立場からしたら、さぞかし可愛げのない小生意気(こなまいき)な餓鬼だったことでしょうけどね。(スミマセン)

話が脱線してきましたので、ここいらで 話を元に戻します。

私は、好きな音楽を再生~録音するにつきましては「レコード」や「CD」、「SDカード」とか「USB」とかを使って聴くようにしてきました。          

ところが、ICレコーダーに出会ってからはこの機器が使いやすく、非常に便利にできていますので、旅行やドライブに行くときなどは私の必須携帯品となっています。           但し、そのお陰で管理する枚数が増えすぎて整理が大変な状態になっており、いつもオクサンからは苦情を言われています。  しかし亭主関白?の私としましても、自分の好きなことをやらせてもらっていますので、反論はしないで適当にお茶を濁して誤魔化しています。   

                       

私の好きな曲も時間の経過に連れてかなり変遷してきました。 歌手としては男性では小椋佳、長渕剛、さだまさし、井上陽水、谷村新司他多数、女性歌手ではミーシャ、西島三重子、島津亜矢他こちらも対象者が多すぎて書き切れません

これからも世代の違いを感じることは多いかと思いますが、臆せずに新しい曲に挑戦していきたいと思っています。(哲)

カテゴリー
新おっさんの独り言

性懲りもなく厳しい暑さが続きますよねえ

とにかく暑い日が続きます。                

毎日35~37度前後の厳しい暑さに見舞われているので,当然エアコンはフル回転させながらもそれでも非常に厳しい炎熱地獄での生活を強いられています。

この暑さの中でも体調を維持するため、毎朝5時過ぎには起きだして、雨の日以外はオクサンと二人で、律儀に散歩を続けています。                         

先日などは私の背中に蝉がとんできて暫くの間留まったままうごこうとしませんでした。初めての経験で驚きはしましたが、意外と悪い気はしませんでした。

また、何をするにつけても「よだきい」が先に立って運動らしい運動は殆どしなくなっている私ですが、この散歩だけは欠かさずにやっています。多分私一人だったらとっくにやめていたと思うのですが、オクサンと二人で仲良く歩いていますのでお陰様でよだきんぼ(=なまけん坊)の私達もこれだけは欠かさずにやり続けてけそうです。これからあとも、何とかせめてこの習慣位はやり続けて行きたいものだと思っている次第です。

また我が家では、自宅を起点として1週を急ぎ足で50分くらいで回れるくらいの4つの散歩コースを設定していいます。   その4コースを「日替わりで」せっせと歩くようにしています。我が家は環境的には非常に恵まれたところに立地していましてこの4つのコースは林や森の間にバランス良く配置されています。      

この付近には雀や鳩やカラス等の鳥類と、犬や猫、時には狸といったように いろんな種類のペットと彼らを引き連れた飼い主さんたちとで早朝からいつも結構沢山の人で賑わっています。仔犬や仔猫ちゃん達に対しては可愛らしいので思わず彼らに向けて手を振ってしまいます。                         その様を飼い主さん達に見られると照れくさいので、何かを言われる前に『ほんとに可愛らしいですねえ』と先に挨拶してごまかしています。

飼い主さん達は私の意図を知ってか知らずにかニコっと笑って『有難うございます』と機嫌よく頭を下げてあいさつを返してもらいます。私達にとりましてもほのぼのとした幸せなひと時です。

散歩コースは宮崎市の郊外にあるため地の利には本当に恵まれています。毎朝こういう幸せなひと時を過ごさせてもらえるのは有難い話です。恵まれすぎだと思っています。こういう環境ですので、早く起きるのは少しも苦痛ではないどころかむしろ大きな楽しみの中で毎日をすごさせてもらっているということに対し大感謝です。

話は変わりまして、最近の楽しみの一つに米大リーグにおける大谷翔平の活躍があります。                       これは昨年から私の旧ブログでも何度も紹介してきました。  それ程私達にとりましては大きな楽しみにしていることなのですが、今年はどういうわけか翔平の調子が上がらず、彼の活躍状況をおいかけている私としましては毎日が地獄の責め苦?にあっているかのような?苦しい思いが続いてきました。

彼の調子が非常に悪いときはがっくりきてしまって、ついつい彼のことをボロクソにいってストレスを発散するようなことをしてきました。                           そうすると今度はオクサンが「まあひどい!そういうことを言うのは本当のファンとはいわないんじゃない?」と私にくってかかってきます。

そういうことを聞くと私としてはガックリきてしまいます。  別に彼女に私の愚痴を聞いて欲しくていってるんじゃないし、翔平のことが大好きだからこそ彼を激励するためにそういってるのに…、人間の心情の機微というものが分からないんだな」と彼女の浅知恵?にはがっくりきてしまいます。

いつまでたっても成長しきれない餓鬼夫婦…?毎度のことながら私達夫婦いつになったら成長ことがあるのだろうか?…と諦めかけたそんなある日、8月18日木曜日のことでしたが、私の気分が劇的に一変するようことが起きました。          その8月18日はそんな私の暗い気分を一掃する最高の良い一日でした。                           それは翔平が4戦ぶり27号2ランを放ち、打率も2割6分5厘まで回復したからです。ほっとしました。そして大喜び…単純なものです。                           勿論気まぐれな私のこと、明日になったら次戦の結果をみて状況がどう変わっているかは保障の限りではありませんが、いずれにしろこれが一般ファンの心理の動きというものではないでしょうか?

明日になって私が悪口雑言の限りを尽くさないで済むように20日の試合は彼が18日以上の良い成績をあげてくれることを望む次第です。(哲)    

電話で問い合わせする