カテゴリー
エントリー日和

適正な○○で

7月に入った途端に真夏の暑さ!宮崎市は2日から9日まで8日連続の猛暑日でした。

暑さが体に反応したわけではないとおもいますが、1日から3日間体調を崩して、一時は38.8度まで熱が上がったので、2日続けてコロナの検査を受けましたが、2度とも陰性でした。私は、どちらかと言うと健康な方で、熱が出るのは5年ぶりです。今回は風邪の症状より腹痛がひどく・・・原因は分からないままです。

若いころは治るスピードが速かったのですが、やはり、年齢的なハンデはありますね。無理はできませんし、過信も禁物です。

【適正な人間関係を築くには?】

適正(な)○○とはよくある言葉で、適正は「適当で正しい」という意味ですが、よくよく考えてみるとこの適正な○○というのはどこで決まるのでしょうか?

例えば、適正体重(BMI)は、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数です。

計算式  BMI = 体重kg ÷ (身長m)²

このように計算で出せるものがあれば、

適正価格はその商品が高くもなく安くもない妥当な価格ということで、主に作り手が主体となって出せるものだと思います。

適正運動なら健康維持の為の必要な運動ですから、性別・年齢などの個人差に配慮して考えられると思います。

適正な環境は人間が健康に暮らせる環境というなら、これこそ難しい判断になるでしょうね。

私たちの身の回りにはこの適正な○○があふれていて、いつの間にか自分なりの「適正」に縛られることになっている気がしています。

適正な社会・適正な人間関係となると、法治国家の日本で公正な社会が実現しているのだろうか?という疑問もわいてきますし、人間関係ともなると個人主義的な傾向になっている近年で、お互いを尊重できているのかという疑問も出てきます。いずれにしても、「適正」は程よく取り入れていくものなのかもしれません。

こんなとりとめのないことを考えたきっかけが、我が家の「適正室内温度」問題です。(ちょっと大げさですけど💦)

先にも書きましたように今月の初旬は猛暑日が続いていました。

私がリビングのエアコンを28度に設定していて、しばらくするとだいぶ暑く感じたので、設定温度を見たら29.5度になっていたのです。(したのは主人です)この温度は適正ではない!と思った私は、「せめて28.5度にしましょう!湿度も70%と高いですから。」と言いました。

どうやら主人は高齢になってから、暑さを感じにくくなっているようで、温度計が28度になると寒く感じるようです。(だいぶ汗はかいているのですが・・・)そこで、主人の主観的な感覚を尊重したら、限界は28.5度ですかね・・・

これからの長い夏に向けて、暫く試練が続くようです。

ですが、事務所の設定温度は27度にしておりますので、ご安心ください。

お客様に合わせて適正に温度調整していきます。

カテゴリー
エントリー日和

結婚相談所とマッチングアプリ

ここ数年でマッチングアプリ(主に恋活)の登録数は10年前と比較してぐんと伸びています。結婚意向もしくは恋活している独身者の20%ほどがこのサービスを利用しているとのことです。

会員数でいうと大手4社の総会員数は5,300万人以上(もちろん、一人で何社も登録している方がいるので正確な数は未知数ですが・・・)これだけの数ですから、さすがに細かい管理は難しいかもしれませんね。(個人の感想です)

【マッチングアプリの課題】

1 メッセージのやりとりが面倒くさい

2 メッセージと実際に会った際のギャップが大きい

3 良い人と出会えない

・プロフィールやメッセージ作りが大変

サクラや悪質なユーザーがいる

・アプリの利用料金が高い

一方結婚相談所では

カウンセラーが間に入り、お見合いの日程調整をしますので、特に面倒なやり取りはありません。(一人で複数のお見合いの調整も可能です)

お見合い時は当人同士でのお待ち合わせでも日時場所を指定(場合によってはお店を予約)していますので、安心していただけます。(お見合いまでには当人同士のやり取りはできません。)

実際にお会いした時とプロフィールの写真のギャップにつきましては、個人差があるかと思いますが、結婚相談所では担当者に伝えていただければ、改善の余地はあります。

プロフィールの自己紹介文につきましては、担当者がアドバイス致します。また、担当者からのPR文もありますので、より信頼性のある内容となります。

結婚相談所ではプロフィールの内容は、裏付けのある公的書類提出により虚偽記載のない内容となっています。(独身証明書・収入証明書・卒業証明書・資格証明書他)ですから、なりすましや悪質なユーザーは入会できません。

結婚相談所の入会金・活動費用につきましては男女同料金となっています。本気に婚活を考えている方がご入会して活動されています。

交際に入りましたら、担当カウンセラーが定期的に進捗状況を確認させていただき、ご相談に応じたりアドバイスをさせていただきます。

本気で婚活をしている方は、是非ご相談ください!

モチベーションを上げる

私の場合、モチベーションが上がることといえば、一つにスポーツ観戦があります。運動神経が良いとは言えない私ですが、スポーツ全般には興味があり、ネットでの検索は欠かしません。

最近で言うと、バレーボール日本代表が世界3大大会(オリンピック・世界バレー・バレーボールネーションズリーグ)の一つであるネーションズリーグで目覚ましい成績を収めているのです。

6月23日には日本女子代表が46年ぶりに(世界大会での)決勝に進み、イタリアと対戦しました。残念ながらセットカウント1対3で負けてしまいましたが、最新の世界ランキングは7位とアッパレです。

また、日本男子のほうも今回のネーションズリーグ予選での活躍で最新世界ランキングはナント2位となっています。今週28日からポーランドで決勝ラウンドが始まりますが、予選で惜敗したカナダとの準々決勝ではぜひ勝ってもらいたいです。

バレーボールは日本男子・女子共にパリオリンピックに出場します。男子は52年ぶり、女子は46年ぶりの金メダル目指して頑張ってもらいたいです。

そして、早いもので来月26日からはパリオリンピックが始まります。3年前の東京オリンピックでは無観客開催でしたので、選手側からしても、今年のオリンピックはモチベーションがあがっているのではないでしょうか。とても楽しみですね。

人それぞれモチベーションが上がる要因が違いますが、興味のあることを見つけて、そのことに夢中になれることは幸せな気分ですよね。

知り合いの美容師さんは、今年も推しのバンドのライブにいきまくる!と言っていますし、姪は韓国のアイドルにはまっていて、早速韓国行きを決めていました。

皆さんの「好きなこと」がモチベーションの源になれますように。

カテゴリー
エントリー日和

婚活にも気力が・・

2024年、南九州の梅雨入りは6月8日に発表されました。雨ばかり…と思いきや、梅雨の晴れ間で暑い日が続いています。

近年は暑さが長く続くので、今から体力の消耗をどうやって減らしていくか思案中です。

今年は我が家の梅の実が1個も実らず、自家製の梅シロップや梅酒を作ることが出来ません。毎年夏バテ防止に梅ジュースを飲むのを楽しみにしていたのですが・・・残念。(なら、今年は梅を買って作りましょうか)

婚活にも体力・気力が大切

30代の方から『最近疲れやすくなった気がします』ということを聞きました。疲れは年齢に関係なく、仕事や生活環境、そして気象状況などで意図せず感じるものです。

以前、婚活疲れについて書きましたが、これも肉体的疲労の症状も出ますが、どちらかと言いますと精神的疲労のほうが大きいと思います。

  • 倦怠感
  • やる気の低下
  • イライラや不安感
  • 睡眠障害
  • 頭痛
  • 体調不良

こんな症状が出てきたら、とにかく一旦婚活から離れて、ゆっくり休むことです。ご自身の好きなことに時間を使って、気分転換に旅行するのもいいかもしれません。できたら、家族・友人と会ってみるのが良いと思います。

少し元気が出てきたら、婚活の目標設定(お相手への希望条件等)の見直しをしてみて、またご自身のプロフィールの見直しをするのもよいと思います。

婚活の悩みは人それぞれですが、家族・友人に相談できないという方も少なくはありません。そんな時はぜひ結婚相談所のカウンセラーにご相談ください。

一人で悩まずに、誰かに相談したら少しは解決できるかもしれません。

カテゴリー
エントリー日和

婚活のその先の話

今年の梅雨入りはいつになるでしょうか?

九州南部の平年の梅雨入りは5月30日ということですから、少し遅れているのでしょうね。遅くきて早く明けるといいのですが、その後の夏の猛暑のことを想像すると、悩ましいところですね。

誕生日を迎えて

先日、誕生日を迎えたばかりの方から「誕生日がきて、改めて(婚活に)動かなきゃ何も始まらないんだなと思いました」という話をお聞きしました。

以前も書きましたが、婚活を始めるきっかけとして、“誕生日を迎えて年齢を実感した”ということがあります。女性は特に年齢には敏感のような気がします。こと、婚活となると妊活を含んでいるからかもしれません。(最近では、多様な考え方からこういった考えの方は減っているのかもしれませんが・・・)

コロナ禍の3年は多くの“出会いのチャンス”が失われていきました。この間確実に年齢を重ねたのですから・・・.気づくと『もうこんな年齢に・・・』と驚く方も少なくないのではないでしょうか?

今回は、婚活の先の結婚の先【妊活】を考えてみました。

結婚をして、お子さんを授かるといった自然の流れがある中で、【不妊を心配したことがある夫婦は39.2%で、夫婦全体の約2.6組に1組の割合になります。 また、 実際に不妊の検査や治療を受けたことがある(または現在受けている)夫婦は22.7% で、夫婦全 体の約4.4組に1組の割合になります。】という現状があるとのことです。

不妊治療を開始する平均的な年齢と理想的な年齢

平均的な年齢

  • 日本産婦人科医会調査(2020年)によると、不妊治療を初めて受診する女性の平均年齢は35.2歳、男性は36.0歳でした。
  • 厚生労働省の調査(2021年)によると、体外受精・顕微授精の治療を開始する女性の平均年齢は38.6歳男性は39.1歳でした。

理想的な年齢

  • 一般的に、女性の年齢が上がるにつれて妊娠率は低下し、流産率は上昇します。
  • 妊娠を希望する場合は、30代前半から不妊治療を検討することが理想的です。
  • 具体的には、以下のような目安があります。
    • 自然妊娠を希望する場合: 32歳までに不妊治療を開始しましょう。
    • 体外受精を希望する場合: 35歳までに不妊治療を開始しましょう。
  • ただし、これはあくまでも目安であり、個人の状況によって異なります。

  • 一般社団法人日本生殖医学会のデータによると、体外受精・顕微授精における年齢ごとの妊娠率は以下の通りです。
    • 35歳以下: 20.4%
    • 35歳~37歳: 16.5%
    • 38歳~39歳: 11.5%
    • 40歳: 9.3%
    • 41歳: 4.8%
    • 42歳: 2.6%
    • 43歳: 1.8%

不妊治療の開始を遅らせるリスク

  • 年齢が上がるにつれて、妊娠率が低下し、流産率が上昇します。
  • 男性の場合、年齢が上がるにつれて、精子数や運動率が低下します。
  • 体外受精・顕微授精などの高度な生殖補助医療が必要になる可能性が高くなります。
  • 治療期間が長くなり、経済的な負担が大きくなります。

参考情報:厚生労働省、日本産婦人科学会

ご自身のお子さんを希望する男性の方へ

私はこれまで多くの婚活をする男性の方とお話しをしてきて、不思議に思っていることがあります。『できたら(自身の)子どもがほしい』と仰る方の年齢が40歳以上であること。(中には初婚で50代の方にもいらっしゃいます)その方々の多くは女性の年齢を30歳半ばくらいまでと希望しています。(50代の方は30半ば~42歳位まで)

私の感覚としては、男性はお子さんを授かる要因を女性にゆだねすぎていると思います。ご自身のお子さんを望むことは当然の権利ですが、女性にとってそのことは義務ではありません

婚活を始められる年齢が遅くなるほど、その権利と義務の間で生じるリスクも高くなる気がしています。

結婚相談所では、(男性側)お相手に関する希望項目の中に、お相手にお子さんを希望するか?という問いに・希望する、・どちらでもよい、・希望しないという3つの選択がありますので、柔軟に考えて選択していただきたいものです。

婚活をその内その内・・と考えていると、時間は驚くほど経っていることを自覚していただきたいです。

カテゴリー
エントリー日和

3ヶ月で決めるんですか?

【結婚相談所の交際期間】

すでにご存じの方も多いと思いますが、結婚相談所での交際期間(成婚退会するまでの期間)は、お見合いから3ヶ月以内が原則となっています。交際期間の延長は認められており、最長で6ヶ月となっています。

入会時の説明でこの交際期間についてお話ししますと、8割くらいの方が『3ヶ月で結婚を決められるものなの?』という疑問を持たれるようです。

【3ヶ月で成婚の可能性の理由】

・入会時の結婚に対しての意識が高い 結婚相談所に入会される方は、出来れば1~2年以内に結婚をしたいと考えられて婚活する方がほとんどです。

・お相手のプロフィールが充実している               結婚相談所で確認できるプロフィールは公的書類の裏付けがあり、虚偽記載が出来ませんので、安心感があります。

・カウンセラーによる交際についてのアドバイス             お見合い後お二人が交際希望されると、先ずは仮交際(※1)がスタートします。その後、1~2ヶ月で真剣交際(※2)に移行するタイミングをカウンセラーのほうで丁寧にアドバイスします。

・交際期間を意識することで短期集中出来る(ようになる)  交際期間が短いと考えるより、お相手と集中して向き合い対話を重ねることで、結果的に短期間で結論が出せるようになります。

※1仮交際とは:お見合い後双方が交際を希望した後は、仮交際となり、この期間中は他の方にお見合いをお申し込むこと・お申込みを受けることも可能です。ですから、同時に複数の方と並行して交際することが可能です。(複数の方と同時に交際がスタートした場合、私は、できたら1ヶ月くらいでお一人の方を選んでいただくようにアドバイスしています)

※2真剣交際:仮交際からステージアップして結婚を意識した交際となります。真剣交際に入りますと、他の方に申し込むこと・申し込みを受けることも出来なくなります。

【真剣交際のポイント】

・お相手の呼び方をできたら下の名前かニックネームにする

・お互いに敬語をやめる(お二人で話し合って仮交際中からやめてもよろしいと思います)

・デートの頻度を変える(週1からできれば週2位)

・連絡(LINE・SMS・電話等)はまめにする

・将来(結婚後)イメージのすり合わせ(お互いの結婚観の他、住まい、働き方、お金の管理、家族のことなどを知ることも大切です)

最後に、プロポーズの話:主に男性が女性にプロポーズするケースが多いと思いますが、男性は一人で悩まず、担当のカウンセラーにご相談ください。また、女性側は、もし近いうちにプロポーズされたらどう答えるか、ご自身の気持ちを整理しておくとよろしいと思います。

【結婚観(結婚後のイメージ)】

ご自身の結婚観を持つことはとても大切なことですが、お相手との結婚観と100%一致させることは、不可能だと考えます。

お相手をどこまで許容できるかが、ご自身の決断のポイントにもなるかもしれませんね。

自分がここまで許容しているんだから、相手もこの点は許容してもらわないと困る、と考え出したら、良からぬ方向にいくかもしれません。

人生を共にするということは、重く深いことでもありますが、失敗は必ず付いてくるものです。ですから、お互いに思いやりの持てるお相手かどうかをみていったらどうでしょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 202411ss.jpg

理想だけにとらわれず、思いやりの精神で決められたらいいですね。

カテゴリー
エントリー日和

嬉しい記念日

テレビやラジオでよく「今日は何の日?」「今日は○○記念日です」と言うのをよく見聞きします。

ふと、「そういえば、毎日が誰かの記念日よね・・・」と思い、『今日は何の記念日?』と検索してみました。

今日5月15日は、沖縄復帰記念日、国際家族デー、Jリーグの日、水分補給の日、ストッキングの日、弁護士費用保険の日、ヨーグルトの日ということです。最も多い記念日があるのは、8月8日で67の記念日があるとのことです。

(そうか・・・うちのハピチャンの誕生日も8月8日なのよね)

実は、日本の記念日は「日本記念日協会」という一般社団法人によって登録されています。 企業や団体、個人によって申請ができ、その後協会での審査に合格した場合、記念日として正式に登録されます。 ちなみに、記念日を登録するためには「記念日登録料」がかかります。 年に何回の記念日を登録するかによって金額も変わってくるそうです。調べたところ、年1回の登録料が15万円でした。

365日、誰かの何らかの記念日ですからね。

宮崎県内でも近年話題になったのが、『宮崎餃子の日』ではないでしょうか?宮崎餃子の日は、毎年8月29日から8月31日までの3日間です。2023年に一般社団法人 日本記念日協会に登録された比較的新しい記念日です。

日付は、以下の理由で選ばれたとのこと。

・8月の29日は「肉の日」・宮崎の「み(3)」と「餃子の形の(0)」を組み合わせた30日・8月31日は「野菜の日」

これらの日付を組み合わせることで、宮崎餃子の具材である宮崎県産の豚肉・牛肉・鶏肉と、キャベツ・ニラ・ニンニクなどの宮崎産野菜をアピールする意味が込められているそうです。

【婚活にも記念日作戦】

おそらく、多くの人は、誰かに自分のことを覚えてもらっていることについては、嬉しい感情を持つのではないでしょうか?(もちろんその記憶の内容はポジティブなものが前提ですけど。)

お見合い時に、しっかりお相手の趣味や自己紹介文に書いているであろう休日の過ごし方などを覚えていて、会話のきっかけにすることはすでにご存じだとは思います。わかっていても、うっかり忘れたりした場合は、『何か思い出に残したい嬉しい記念日はありますか?』とお相手に聞いてみたらいかがでしょうか?

そこで、相手の方が、答えに戸惑っていたら、『私は、○○が嬉しい記念日でそれは〇月〇日なんです』と(前もって準備しておいて)自分で答えるようにしたら、意外に会話が広がるかもしれません。

(因みに、お見合い時にお相手の誕生日は聞かないほうがよいでしょう。)

お見合い後、交際に発展したら、お見合い時に聴いたお相手の『嬉しい記念日』をしっかり覚えていて、何かのきっかけにそのことをお相手に話したら、絆が深まるのではないでしょうか?

エントリーで成婚退会されたカップルで、お見合い時に利用したカフェがとても印象深かったようで、1年後にまたそのカフェに二人で行ったということがありました。

二人にとって、お見合いの日が2人の嬉しい記念日になったのですね。

婚活でも「嬉しい・楽しい記念日」を増やしていけたら、その先に「幸せの記念日」が待っているのではないかしら。

カテゴリー
エントリー日和

セカンドオピニオン

ゴールデンウィークは後半の後半になりました。

1ヶ月前に『ジャネーの法則』(ある時期における時間の心理的長さは年齢に反比例する)について書いていましたが、やはりこの年になりますと、1ヶ月があっという間であったことを実感しています。

ところでゴールデンウィーク中のお見合いは5件ありました。中には福岡から宮崎までお見合いに来られた方もいらして、だいぶエネルギーを使われたことと思います。その方にとっては、初めて遠方へ出掛けてのお見合いで、ドキドキの時間を過ごされたと思いますので、もしかしたら時間は長く感じられたかもしれません。

私事ですが・・・

1ヶ月ほど前から、大好きなコーヒーを飲むのを控えています。若いころから大好きで毎日のように飲んでいたのですが・・・持病の金属アレルギーがひどくなってしまい、コバルト・ニッケルなどの金属成分を含んでいるコーヒーを控えるようにしました。でも、1週間に2回くらいは飲んでしまいます。(長年飲んできたので、すぐにはやめられませんね・・)

私の場合、金・コバルト・ニッケルのアレルギーらしいのですが、大好きな食べ物に多く含まれていることを知り、4年前からチョコレートとココアはほとんど口にしていません。他にもナッツ類も食べないようにしています。コバルトとニッケルを含んだ食品はとても多く、それらを見ると日常の食事が出来なくなるのでは?と思えるくらいです。(お茶にもニッケルが含まれているんです😢)コーヒーの代わりにジャスミンティーを飲み始めたのに、残念です。飲み物は水か白湯しかないのかしら?!

コーヒーにコバルトとニッケルが含まれているのは知っていたのですが、大好きなものを避けなければならないということは、とてもストレスで、これまで見送ってきたのです。アレルギーの飲み薬と塗薬は常用していますが、痒みと湿疹は無くなりません。

同じ皮膚科に4年通院していますが、最近になってセカンドオピニオンも必要なことかなと考えています。また、歯科医院で金属の詰め物を除去する処置もしているのですが・・・

少しでもストレスをなくすために更に対策を立てないといけませんね。

婚活のセカンドオピニオン

『マッチングアプリをしてみたのですが、全く進展しない』

『婚活パーティに何度か出てみたのですが、なかなかマッチングしない』

『公営の結婚相談所に入っているが、予約を取ったりするのが面倒で足が向かない』

『結婚相談所のカウンセラーとの相性がよくない』等々

現状に問題を感じていたら、婚活のセカンドオピニオンを検討してみてください。

時間はとても大切です。先ずは、行動してみましょう。

エントリーでは、電話、メール、LINEでのご相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。

カテゴリー
エントリー日和

デートの準備は必要?

いよいよゴールデンウィークが近づいてきました。

今年のゴールデンウィークは4月27日・28日・29日の三連休と平日を挟んで、5月3日・4日・5日・6日の4連休の2つの連休がありますが、真ん中の3日間をお休みにできれば10連休を取られる方もいらっしゃるようですね。

この期間中、お付き合いされている方は「どこに行こうか?」と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

デートと言えば、お天気にも左右されることもあると思います。前半の3連休は曇りと雨マークが多いので、室内でも楽しめるところが良いでしょうね。映画館、美術館、博物館、プラネタリューム等・・・最近のお天気は、予報が変わることも多いので、気持ちに余裕を持っていないといけませんね。

私の立場では、若い方からの情報とネットからの情報でデートスポットを知ることになるのですが、周りからの情報ですと、最近は(デートの)事前準備に時間をかけないようです。情報が瞬時に取れる時代ですから、そうなるのでしょう。

しかし、準備にほんの少し時間をかけてみてはいかがでしょうか?どういうことかと言いますと、結婚相談所で知り合ったカップルは、お互いをそれほど知っている状態ではありませんので、事前に相手の好みを知る必要があります。相手の趣味や興味・関心を把握し、それに合った場所を選ぶ必要があります。(自然が好きなら、公園や動物園、アートが好きなら美術館やギャラリー、行動的な人ならスポーツ施設や遊園地など)

また、アクセスを調べておくことも重要です。現地まで車でどれくらいの時間で着くか、駐車場があるかを知っておくことは、宮崎では必要な把握事項です。以前、あるカップルの女性から、『彼が運転していたのですが、目的地まで行くのにナビを使わないで行ったので途中行き方が分からなくなってしまい、私がナビを設定したのですが・・・行くまでの時間が長すぎて着く前に疲れてしまいました』ということをお聞きしました。ゴールデンウィーク中の道路の混雑状況も加味して計画を立てたほうがよいですね。

以外に重要なことと言えるのは、費用面かもしれません。交際して何ヶ月も経つカップルでしたら、気軽に話せるかもしれませんが、日の浅いカップルでしたら、食事にしてもあまり高額になるような場所は選択しないほうがよろしいかもしれません。(お相手次第でしょうけど・・・)また、お相手に『今回のデートの予算はいくらにします?』なんてことは聞けませんので、事前に行く場所(施設・レストラン等)でかかる費用は把握して準備しておいたほうがよいでしょう。

他にも、

服装:TPOに応じた服装選び。個性的なものより、ベーシックなものが無難かもしれません。

予約の可否:これも意外な落とし穴で、調べずに現地について、『予約制』になっていたらがっかりしますよね。

雨天時の対応:今年もお天気の急変があるかもしれません。公園などで、雨が急に降ってきた場合の行き先の変更や対応は事前に考えていたほうが頼もしいですよね。

時間配分:ここまですると、面倒なイメージですが、トータルで何時間くらいかを把握していたほうが、お互いに負担にならなくてよいと思います。簡単に言うと、大まかに帰宅時間を決めておく方が良いのではないでしょうか?(交際期間が浅いカップルは、長時間のデートが精神的な負担になることがあります。)

他にも、行先情報をインターネットで検索して準備したり、少し長時間のドライブになるようだったら、飲み物を準備したり、休憩か所を調べていたら万全だと思います。

私の独身時代・・それはそれはむか~しの話です。デートはしたことはあるのかもしれませんが、友人(ほとんど女性)と出掛けた記憶しか残っていません。1泊または2泊の旅行ですと、私が旅行計画を立て、そのタイムスケジュールに沿って旅行を楽しんだことを思い出しました。予算、持ち物なども記載し、友人に喜んでもらって、それが計画した側の楽しみでもあったように思います。たまには、こんなアナログなやり方をしても面白いかもしれませんね。

さて、お出かけの計画をたてて、思いっきり休日を楽しんでください。

デートでなくても、お出かけの計画を立てる楽しみを味わってはいかがでしょうか?

ゴールデンウィーク中でもエントリーは営業しています。

お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー
エントリー日和

ホルモンの話

新年度に入り、早2週間が過ぎました。この時期は慣れない環境に戸惑う人、無我夢中な人、新たな環境にワクワクしている人など、変化が多い時期でもありますね。

我が家はと言いますと、4代目インコのハッピーちゃんが“春”を迎えていまして…はっきり言いますと、発情期でいろんなものに話しかけては吐き戻し(はっぴぃラブげろ)をしたり、おしりを上げてフリフリしたりしています。インコの発情期は春と秋らしいのですが、ペット飼いですと部屋が温かいので3回~4回もあるのだとか・・・ハッピーの立場になったら、恋する対象のインコちゃんがいないので寂しいと思いますが、どうなんでしょうね。

人間には発情期という概念ありませんが、人間の持つ“ホルモン”(体の中の様々な働きを調節する化学物質。体全体を巡る血液に乗って、遠く離れた場所にある臓器や組織に運ばれ、その働きをコントロールする)には恋愛と関連付けできるものがあるのではないでしょうか。(ホルモン焼きのホルモンではないですからね💦)

【三大幸せホルモン】

人のホルモンは100種類以上もあるのだそうです。その中でも、脳内で分泌される神経伝達物質のうち、幸福感や心の安定に深く関わるとされる三大幸せホルモンというものがあります。

1. ドーパミン

  • 別名: 快楽ホルモン
  • 主な役割:
    • 意欲やモチベーションを高める
    • 目標達成時の快感や喜びをもたらす
    • 運動や好きなことをした時に分泌される

2. セロトニン

  • 別名: 幸せホルモン
  • 主な役割:
    • 心を安定させ、リラックス効果をもたらす
    • 睡眠の質を高める
    • 自尊心や幸福感を高める

3. オキシトシン

  • 別名: 愛情ホルモン
  • 主な役割:
    • 親子や恋人など、親密な関係を築く際に分泌される
    • 信頼感や愛情を感じさせる
    • ストレスを軽減する

これらのホルモンは、互いに関連しあって作用しており、バランスが整うことで、より深い幸福感を得られると言われているそうです。

また、これらのホルモンは生活習慣の改善で増やすことも出来ますし、投薬などで増やすことも可能です。

最近、この3つのホルモンに加えて、4番目にβエンドルフィンが挙げられています。これは、脳脊髄で生成されるホルモンで、モルヒネの数倍の鎮痛効果と幸福感をもたらす作用があるそうです。

【恋愛・結婚とホルモンの関係】

上記の3つの幸せホルモンに加えて、男性ホルモンと女性ホルモンが恋愛・結婚に関連していくのでは?・・と私は長年感じてきました。

個人差はありますが、女性の場合、20代~30代前半に婚活スタートする方が多く、男性は35歳前後から始める方が多いように感じています。結婚相談所に入会される方も同じく、女性は30歳前後~、男性は35歳前後~と女性の年齢のほうが若いです。推測されるのは、女性の場合、婚活と妊活を並行して考えるケースが多いからだと思います。男性の場合は、20代は仕事と収入がまだ不安定と感じているとなかなか婚活までは考えが及ばず、少し安定した30代半ばくらいから本格的に婚活を考えるようになるのでしょう。

男性ホルモン【テストステロン

精巣で作られ、男性の生殖機能や性欲を促進。また、筋肉や骨格の発達、体毛の成長、声変わりなどにも関与している

女性ホルモン【エストロゲン】【プロゲステロン

エストロゲン:卵胞の発育、子宮内膜の増殖の促進。また、骨や皮膚の健康維持、コレステロール値の調整にも関与している。

プロゲステロン:子宮内膜を妊娠に適した状態に整え、妊娠を維持する役割。また、乳腺の発達や基礎体温の上昇などにも関与している。

※活性型男性ホルモンとは体内の酵素によって変化した男性ホルモンで、ジビドロテストステロン(DHT)と呼ばれるそうです。これは、私も初めて知ったのですが、DHTは男性の一次性徴及び二次性徴を促すホルモンで、性器の成長、筋肉の増大、男らしい体つきへの変化、体毛の育成など、男性が男らしく成長するのはこのホルモンのおかげだということです。グラフで見ると、このDHT(ジビドロテストステロン)は20代後半からさがっていますので、個人差はあると言えども気をつけていたほうがよいかもしれません。

女性ホルモンのエストロゲンは、30代半ばから減り始めていきますので、もう一つの女性ホルモン(プロゲステロン)とのホルモンバランスを整えることが大切なのだそうです。

幸せホルモン【ドーパミン・セロトニン・オキシトニン・βエンドルフィン】それに、男性ホルモン【テストステロン】、女性ホルモン【エストロゲン】のことを知り、自分に足りないものがあったら、どのように生活改善すればよいかを考えてみるのもよいでしょう。

女性は男性ホルモンのことを、男性は女性ホルモンのことを少しでも理解して、お互いを思いやり、寛容になれば、今後の婚活に役立つかもしれません?ただ、初対面のお相手にホルモンの話はなさらないほうがよいでしょうね。

因みに、オキシトシン(別名愛情ホルモン)を増やすには

1. スキンシップを増やす

  • 抱きしめたり、マッサージをしたり、赤ちゃんを抱っこしたりすることで、オキシトシンの分泌が促進されます。
  • ペットとの触れ合いも効果的です。

2. 大切な人と過ごす時間を増やす

  • 家族や友人と会話したり、一緒に食事をしたりすることで、オキシトシンの分泌が促進されます。
  • 楽しい時間を共有することが大切です。

3. 感謝の気持ちを持つ

  • 周りの人や物に感謝の気持ちを持つことで、オキシトシンの分泌が促進されます。
  • 感謝の気持ちを言葉や行動で伝えるようにしましょう。

4. 適度な運動をする

  • 運動すると、オキシトシンの分泌が促進されます。
  • ウォーキングやジョギング、ヨガなどがおすすめです。

5. 質の高い睡眠をとる

  • 睡眠不足は、オキシトシンの分泌を減少させます。
  • 毎日7〜8時間の睡眠を心がけましょう。

6. バランスのとれた食事を心がける

  • オキシトシンの分泌を促進するような栄養素を積極的に摂取しましょう。
  • オメガ3脂肪酸、ビタミンB群、マグネシウムなどがおすすめです。

7. マッサージを受ける

  • マッサージを受けることで、オキシトシンの分泌が促進されます。
  • プロの施術を受けるのも良いですし、セルフマッサージも良いでしょう。

8. 音楽を聴く

  • 好き な音楽を聴くことで、オキシトシンの分泌が促進されます。
  • リラックスできる音楽を選ぶことがポイントです。

9. 瞑想やヨガをする

  • 瞑想やヨガをすることで、心身がリラックスし、オキシトシンの分泌が促進されます。

10. 新しいことにチャレンジする

  • 新しいことにチャレンジすることで、脳が活性化し、オキシトシンの分泌が促進されます。
  • 興味のあることに挑戦してみましょう。

今回は、私の興味からホルモンの話になりましたが、ハッピーちゃんの話に戻すと、ハッピーちゃんは私にはラブげろは出しません。私からはぐいぐい好き好きアピールはするのですが・・・

インコでも私のエストロゲンが無いに等しいことがわかるのかしら?

カテゴリー
エントリー日和

親御さんにも知ってほしいこと

随分暖かくなってきました。今年に入り、冬なのか春なのか初夏なのか?といった気温差の大きい日が多かったので、ようやく桜が咲いている風景を見て、少し安心できた気がします。

また、4月は新年度で何かと行事が多いので、一日があっという間に過ぎていく気もします。

先日、親御さんからお子さんの婚活相談のお電話をいただきました。『娘の○○体型でもよいという人はいませんか?』というものでした。皆さんお分かりのように、お相手へのご希望は人それぞれで、まして容姿に関することはとても敏感な扱いとなります。活動前にそのことを確認したい親御さんのお気持ちはわからなくもありませんが、とても一言二言ではお答えできるものではありません。ですから、一度娘さんと一緒に無料相談にお越しいただくようお伝えしました。

親御さんからのお子さんの婚活についてのご相談は以前からありましたが、コロナ禍以降は少し減少してきました。

ある程度原因の一つが分かっているご相談として

「うちの息子(娘)は仕事が忙しくて、女性(男性)との出会う暇がない」

「うちの娘(息子)は職場に男性(女性)がほとんどいないので、出会いがない」

「婚活パーティなどに行っても、なかなか結果が出ない」

また、独身のお子さんを親御さんが持つ悩み・希望として

「結婚する気があるかが分からない」

「結婚の話をすると、無言になる(もしくは避ける態度をとられる)」

「結婚して、子供を儲けてほしい」

「息子(娘)が独身のまま年をとっていくことが不安になる(自分たちの老後も考えると・・・)」

こういったご相談がありますが、多くの親御さんはお子さんと婚活について話をしていない(もしくはできない)傾向があるように感じています。

そもそも、最近の独身男女(結婚経験なし)の結婚に関する意志・理想を知らないことも、親御さんの悩みを複雑にしているかもしれません。

【結婚に関する調査 (株)マーケティング・コミュニケーションズより】

結婚する意志があるか(結婚経験なし)

20代 女性64.6% 男性54.4%

30代 女性46.4% 男性46.4%

40代 女性31.7% 男性36.0%

50代 女性13.0% 男性26.6%

結婚したくない理由(20~39歳)*回答の多い順

《女性》

1.結婚という形式に拘る必要性を感じない

2.仕事・家事・育児・介護を背負うことになる

3.結婚生活を送る経済力がない・仕事が不安定

4.姓が変わることが嫌・面倒

《男性》

1.結婚生活を送る経済力がない・仕事が不安定

2.結婚という形式に拘る必要性を感じない

3.仕事・家事・育児・介護を背負うことになる

※結婚したくない理由で、男女差が大きいものは、女性は「仕事・家事・育児・介護を背負うことになる」「名字が変わる」が割合が高く、男性は「経済力がない」が割合が高い。

独身者が結婚相手に求める要素 *回答の多い順

《女性》

1.満足いく経済力・年収

2.金銭感覚が近い

3.家事力・家事分担可

《男性》

1.一緒にいて落ち着ける・楽しい

2.金銭感覚が近い

3.家事力・家事分担

(令和3年12月27日~令和4年1月11日調査より)

独身者の結婚意志ありの割合は20代では女性65%、男性54%と半数以上になっていますので、最近の傾向でも、できるだけ早めの婚活が鍵になっていると思います。

そして、親御さんがお子さんの婚活について、お子さんと話をするきっかけとして、「こういった調査があるそうだけど、○○はどう思う?」と問いかけてみてはいかがでしょうか?

光陰矢の如し

独身のお子さんを持つ親御さんが当人以上に焦る気持ちがよく分かります。なぜなら、人に与えられた時間は無限ではないからです。

年々、歳を重ねてくると本当に時間が速く感じるようになってきます。このことを、ジャネーの法則と言うらしいのですが、これは、脳の活動量が年齢とともに減少するためなんだそうです。「脳の老化」ということでしょうか。

脳の活動量が多いほど、時間はゆっくりと感じるため、子どもは大人よりも時間がゆっくりと感じる傾向があるそうです。
この法則によると、1歳の1年間が365日だとすると、2歳はその2分の1の183日、50歳に至っては1年間がたった7日の体感になるとのことです。これは極端な話だと思いますが、多くの人間は年をとったら時間が短く感じる経験があるかと思います。

NHKのチコちゃんは「大人になるとあっという間に1年が過ぎるのは、人生にときめきがなくなったからー」と言いました。 その後千葉大の教授が解説で、 時間の感じ方は心がどのくらい動くかに関係しているとのこと。 つまり、トキメキをどの程度感じるかで時間の感じ方が変わるとのことです。

何でときめくかは人様々でしょうけど、ぜひ恋愛・結婚ときめきの要素にしてはいかがでしょうか?

エントリーでは、親御さんからの婚活相談も受け付けています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

電話で問い合わせする